FOD PREMIUM

『竜の道』4話(四話)見逃し無料フル動画はこちら!妹にせまる悪女の罠!

竜の道 見逃し無料フル配信
METABO
METABO
玉木宏さん&高橋一生さん主演の復讐サスペンスドラマ『竜の道』4話まできました~

復讐にもえる双子の兄弟が、育ての両親を奪った大企業に立ち向かう超本格サスペンス~

玉木宏 ,高橋一生 ,松本穂香 ,遠藤憲一

『竜の道』4話 見逃しフル動画はこちら!

METABO
METABO
待ちに待った『竜の道』4話が始まったね。これからの展開が楽しみ~
あずさ
あずさ
それが・・・見逃しましたーーーーーー(汗)
METABO
METABO
ありゃ~~そんな見逃した人にはFODプレミアムがおすすめだよ。

FODプレミアムはフジテレビがやってる動画配信サイトで、フジテレビの現在放送中のタイトルだけでなく、『コンフィデンスマンJP』『リッチマン、プアウーマン』『スーツ2』『アンサング・シンデレラ』などのドラマを中心に5,000本以上の独占タイトルを配信しています!

あずさ
あずさ
へ~フジテレビのサイトなら安心ね~??とりあえず2週間お試ししてみようかな^^

~早速『竜の道』の見逃し配信を見る!~

※本ページの情報は2020年8月18日時点のものです。最新の配信状況はFODプレミアムサイトにてご確認ください。

FOD PREMIUM
FOD PREMIUMの2週間無料お試ししてみて分かった!良い点、悪い点。⦅2020最新版⦆FODプレミアムの2週間無料お試ししてみて分かった!良い点、悪い点。⦅2020最新版⦆管理人が4つのサービスを実際に使ったメリット、デメリットをご紹介!...

FODプレミアム2週間の無料お試し期間について

あずさ
あずさ
今更なんだけど、2週間無料お試しって何?
METABO
METABO
FODプレミアムの2週間無料お試しというのは、FODプレミアムの作品を試しに視聴して満足した方は2週間後に継続してね!というユーザーにFODプレミアムの良さを体感してもらう期間だよ!
あずさ
あずさ
じゃあ2週間試して自分には合わないかな?と思ったら解約できるのかな?
METABO
METABO
もちろんお試し視聴して気に入らなければ、2週間以内に解約手続きすれば一切お金が請求されることはないから安心してね!

ただ作品が多すぎて、2週間無料でお試ししても見つくせないって方は、月額888円(税抜)で継続すればいいのだよ!月額888円(税抜)て、映画館で映画一本見るより安いしね~

あずさ
あずさ
確かに月額888円(税抜)はお得!

FODプレミアムまとめ

月額料金 888円(税抜)
配信数 40000本以上(独占タイトル5000以上)
無料お試しトライアル 2週間
画質 HD/SD
同時視聴 1台まで
METABO
METABO
FODの2週間無料お試しの説明どうだったかな?
あずさ
あずさ
2週間のお試しは絶対やって損はないですね!
METABO
METABO
本当におすすめなので、まだお試ししてない方いましたらぜひお試しくださいね~

~早速『竜の道』の見逃し配信を見る!~

※本ページの情報は2020年8月18日時点のものです。最新の配信状況はFODプレミアムサイトにてご確認ください。

『竜の道』 相関図

竜の道1話見逃し竜の道

『竜の道』4話 あらすじ

日本一の運送会社を作る事が目標である霧島は、ネット通販大手のエニウェイズとの契約を結ぶ為、強引に業務を広げる計画を立てていました。

それに反発した後継を外された晃に、竜一は、味方をつけて、父親を出し抜くよう話をします。そんな時経済記者の沖が竜一に会う為UDコーポレーションに訪れます。斎藤一成が、金庫の大金を盗んで逃げた事を知っている沖は、元同僚から聞いた話が頭から離れません。

そんな話は、警察にも相手にされませんでした。一方まゆみからホームパーティーに呼ばれたミサは、まゆみに竜二が結婚を希望している事を告げられます。ミサは、竜二とは、血の繋がりが無い事を告げると、まゆみは、ミサに嫉妬し、知人の悪い男達を使い、ミサに嫌がらせをします。

ミサは、過去を知る為、育ててくれた叔母を訪ね、両親が霧島急便のせいで自殺した事を知ります。自分が大事に持っていたキーホルダーが、両親の形見ではなく、霧島急便の物だと知ります。それを知ったミサは、復讐をするためまゆみと付き合っている事を知ります。そんな竜二を心配して、竜一に相談に来ました。

その頃晃は、エニウェイズとの契約を考え直すよう父親と話をしますが、聞く耳を持たない父親に愛想を尽かし、父親を追い出す事を決めます。まゆみを危ない目に合わせてしまった事で喧嘩になる竜二と、竜一でした。竜二は、まゆみの心を自分に向ける為にまゆみの心に寄り添います。

『竜の道』4話 感想

ついにミサに両親の過去や、竜二が復讐を考えている事を知られてしまい、ドキドキな展開です。霧島は、今の家族がこれでいいとは思ってはいないけれど、もう後戻りは、出来なくなっているのか、かわいそうに思いました。

妻にも、拒否され、息子にも嫌われて、娘は、不良で、お金がどんなにあっても、毎日楽しく無いだろうに、その生活を捨てる気も勇気もない霧島は、可愛そうな人だと思います。自宅でない所でストレスを発散している札束を撒き散らしているシーンが印象的でした。

一方晃を使って、霧島を追い詰める計画の竜一ですが、UDコーポレーションの竜一も怪しいと気付いている気もするし、こんな性格のまゆみと結婚したいという竜二が、何か怪しいと気づかれていて、この先のストーリーが、どうなるのか心配です。そして、ミサを助けるためとは言え、まだヤクザとの関わりがある事も、心配です。

初めて会った時から死んでいるはずの竜一を感じている事に、いつか竜一の今までの事全てがバレてしまう心配と、それを知ってしまったらミサは、今度こそ生きていけなくなりそうで、怖いです。この兄弟たは、これから幸せになって欲しいと思います。そんなストーリーにして欲しいと思います。

『竜の道』次回予想

自分が誰からも愛されていない事や誰も自分を叱ってくれず、誰も自分に興味を持ってくれないまま大人になったまゆみを抱きしめてまゆみの心を掴んだ竜二ですが、霧島は、こんな跳ねっ返りの女性と結婚したいという竜二に不審感を抱き、竜二を調べさせます。

竜二という名前で、自分が自殺に追い込んだ運送会社の息子という事がバレてしまいます。しかしそれを知った上で、竜二を好きになってしまったまゆみと、まゆみを好きになってしまった竜二が、結婚します。竜一はエニウェイズとの契約が出来ないように手を回し、晃と協力して、その事で霧島を社長の座から下ろす計画を立てます。

一方竜一の仕事の仕方に不審感を抱いたリンコは、詳細を知っている砂川から話を聞き出し、お金になりそうな情報をジャーナリストに売ります。竜一は、竜二の為復讐を手伝う事をミサに頼まれて、自分の素性を明かさないまま協力する事になります。そしてジャーナリストの沖が竜一の過去を暴くため、動き始めます。

『竜の道』 キャスト&スタッフ

キャスト

玉木宏
高橋一生松本穂香
細田善彦
奈緒
今野浩喜
渡辺邦斗

西郷輝彦(特別出演)

松本まりか
斉藤由貴
遠藤憲一 ほか出演者

スタッフ

【原作】
白川道「竜の道」(幻冬舎文庫)【脚本】
篠﨑絵里子
守口悠介【音楽】
村松崇継【主題歌】
SEKAI NO OWARI「umbrella」(ユニバーサル ミュージック)【オープニング曲】
ビッケブランカ「ミラージュ」(avex trax)【プロデューサー】
米田孝
水野綾子【演出】
城宝秀則
岩田和行
紙谷楓
吉田使憲【制作】
関西テレビ
共同テレビ

『竜の道』ネットの感想抜粋

  • 全然期待してなかったが、意外と面白い。キャストに適材適所感があるからかな。今野浩喜が絡んできてから特に興味深くなった。
  • 松本まりか
    妖怪の方も面白く見てるので、松本まりかが出るたび「あ、○○さん」と思ってしまう(笑)
    どんなにツンツンしても、○○さんと思ってしまって困る(笑)
  • 高橋一生の演技が評価されているのがすごく嬉しいです。話題になってやたらと持ち上げられ、女性受けを狙ったような役や台詞が続いた時期は正直悔しかったです。
    今回はこれぞ高橋一生という演技が楽しめる。玉木宏の渋みも増し、いゃーこの二人を見るだけで価値あり。バラエティやトーク番組で見せる高橋一生も好きですが、私は役に入った高橋一生に惚れてます。いや、高橋一生が演じる架空の人物に毎回惚れます。だから、高橋一生の私生活やら熱愛やら関係なく、純粋に役者として好きと思えた初めての役者さんです
  • 砂川
    がまだ正体不明で。
    こちらで書かれていたように、見殺しのようになった編集者の息子に似ています。耳や一重の目やあの父親が今の砂川と親子と言われても、顔がかけ離れてもそうでもないですし。
    一重だったら、お調子者というより、殺人鬼の目もできそうだし、父親が病死というのがひっかかるし、いつか竜一を裏切って源平側につくかもしれないし、今のところわかりません。
    でも、砂川はクラブであんなさんから、源平の情報を探ろうとしているし、源平に何か恨みを持っているのかもしれないし。病死でなくて、実はキリシマ急便のせいで実は労災認定受けられなかったとか。
    以前SNSのコメントで、クレーム処理ばかりの人生だったのに、応援コメントなどで初めて自分の誠意を誉めてくれたような嬉しさで、涙を流していたし。でもそれは手のひらの上で転がされてただけと知ったら、竜一のことを男気ある人とは思わないでしょう。
    ジャーナリストの経済記者の沖も、竜一たちにとっては剣となって急所を刺してきそうで、源平も恐いですが、こちらもネットと同様暴かれたら恐ろしい媒体の存在ですね。
  • とにかく火曜夜が楽しみな夏。話もテンポ良く魅力的ですが、それにもまして役者の方々の演技が皆さん魅力的で上手な方ばかりですよね。なかでも高橋一生さんが凄いです、バラエティーなどではホワ~とした柔らかくて優しそうな感じなのに演技になると静かなのに凄みがあって怖い人物になる。この先どうなっていくのか、幸せな結末は望めないのかもしれませんが今一番の楽しみです。
  • 嫌がらせが

    まさかの氷点方式で笑った。>ファイルが白紙でアドリブでブレゼン

    まー、こんな偶然あるかっていうお話だけど、演技と面白さでちょっとの粗はひっくり返せますからね。
    玉木さんのちょっと悪そうな役は初めて見ました。素晴らしいです。

  • いつ誰が裏切るのか、どこから綻びが出てくるのか気になってずっとドキドキしてる。
    やっぱり誰か死んじゃったり不幸になったりするんだろうか、、、
  • ドキドキし過ぎて、見れません…。
    誰か、こそっとラストの顛末教えて欲しいぐらいです…。そして、高橋一生さんの演技力はハンパないなー。
  • 迷ってたんだけど。
    見て良かった。面白い。やっぱりね。もう一回顔変えないとダメなんじゃない?と思ったんだよね。ブラジルで変えるべきだった。手抜きだと思ってたが、脚本的には落し穴が必要だもんね。妹がKeyなんだね。やっぱりね。やっぱりねという展開ではあるものの、面白いからいいのだ。
    最後、双子が死んで終わり、はイヤですよ。
  • 復讐劇なんて最も苦手なジャンル
    でも大好きな俳優が出るってだけで見始めた
    不安は一気に期待に!
    スピード感溢れる展開にドキドキワクワク?
    複雑な人間模様にどの登場人物にも(復讐相手の霧島一家でさえも)感情移入出来る
    みさを想うが故の兄弟のすれ違い…
    この復讐が成就されるのか?復讐を果たした先には何があるのか?
    気になって仕方ないです
  • 一生さんの演技が最高です!玉木さんもカッコいい。一生さんは、尾野何とかっていう一瞬売れた女優に浮気されて散々だったらしいけど、今じゃ見返してますね!
  • 本当に どこを取っても
    見どころばかり・・
    作り手側 演者さん達には
    報われて欲しい・・
    復讐劇も スリリングで面白いけど
    自分は まゆみと竜二のシーンが好き。
    高橋一生さんは 誰とでも
    お似合いだなと そのつど思う。
    松本まりかさんと すごい合う。
    本編では ありえないだろうけど
    スピンオフか何かで
    まゆみと竜二の ラブラブ happy Life
    みたいなのが 見たいです。
    まゆみ・・
    悪女と言うより
    寂しそう
    孤独感とか 人間不信感で溢れてる
    誰も本気で叱ってくれなかったし
    今も 叱ってくれない・・
  • ヒロイン「美佐」は田舎から出てきた純真無垢で優しいが、芯(心)の強さをもつ龍一・竜二の義理の妹だ。演じる松本穂香は、「おいしい家族」「この世界の片隅に」「わたしは光をにぎっている」「君が世界のはじまり」(「JOKER×FACE」はちょっとちがうが)等の時も、「主役」ではあるが決して強い主張をするわけでもなくむしろ「脇役」を輝かせ、同時に「主役」として大きな存在感を表現できる、他にいない唯一無二の演技ができる女優である。今回のドラマの主役二人を、より一層最後まで輝かせる「美佐」の存在は、正に松本穂香の真骨頂を発揮できる役どころで、松本穂香をキャスティングした人物は、大正解で素晴らしい見る目がある人と思う。
  • 花火大会での出会いのシーン、涙する竜一を見つめる美佐は女のドクンドクン(切ないのよ~一目惚れ?)を感じさせるわ。だいたい橋の上での出会いって、昭和の恋愛ドラマか大昔のハリウッド映画。会社でノート返したシーンでも、もう一人の兄に似てると言われ「違いますよ、私とお兄さんとでは」ギャーこの一言の切ない表情は、妹を見る目ではないよ~!!!だけど高橋さんの竜二の美佐への構いぶりも尋常ではないよね。美佐は血の繋がらない兄とわかってのよね!?この歳まで戸籍見たことないわけないし? これからは、対立する竜一竜二のシーンがかなり出てくんのかな~?一卵性双生児で憎しみあうドラマになるの!? はじめてかもそういうの(涙)美佐役の松本穂香さん、上手ですね。台詞が聞き取りやすいし。で、このドラマ、主要キャストみんな滑舌よいですわ。もう一人の松本さんもお気に入りなの
  • 玉木宏、高橋一生ともに芝居が良い。話も面白い。
    特に高橋一生は、整形前の竜一と竜二の二役を演じていた時はうなった。非常にナチュラルな芝居なのに、竜一と竜二の内面の違いをハッキリ感じ取れた。そして、しっかりと玉木にバトンを渡してる。3話は竜二の回だった。目線やセリフの間がうまいのは知っていたが、心から笑う、表面的に笑う、あてつけて笑う…などの笑いのバリエーションを堪能できた。お兄ちゃんは長男で竜二くんは次男だが、双子なので同い年。いつものピンク部屋で竜二が「わかってるよ」と二度言ったのを見て、
    竜二が竜一に対して抱く感情は、少々暗いものがあるかもしれないと思った。
    肩は楽しそうにもみっこしていたけど。恋の行方という艶っぽさもあるので、顔芸と大声でド派手な半沢直樹とは、また違ったワクワク感がある。登場人物たちが少しずつどこかでフェイクを演じている「竜の道」。綱渡りにも見える復讐の展開が楽しみ。

※本ページの情報は2020年8月18日時点のものです。最新の配信状況はFODプレミアムサイトにてご確認ください。