Hulu

《江戸モアゼル》1話,2話,3話~最新話、見逃し無料フル動画配信!令和で恋!いたしんす~

江戸モアゼル 見逃し無料フル動画配信。

「粋じゃないねぇ」江戸時代からタイムスリップした吉原に生きる花魁、仙夏。野暮なこと筋が通らないことを嫌い、客だろうがお大尽だろうがキッチリと言い負かす、令和に現れた気風のいい愛すべきヒロイン。

そんな彼女に令和の世界で出会うのは…格式高い家に生まれながらも、入社した企業をすぐに退社。やたら理屈っぽく、他人とのコミュニケーションが苦手。恋にも奥手な、小賢しい令和男、蔵地 俊輔(25)!

《江戸モアゼル》見逃しフル動画配信は?

《江戸モアゼル》ですが、現在Huluで配信されています。

配信状況無料お試し期間
U-NEXT31日間
Paravi2週間
Hulu◎見放題2週間
FOD2週間
TELASA15日間

※本サイトの配信情報は2021/1月現在のものです。最新の情報は各サイトにてご確認ください!

 Huluで《江戸モアゼル》をみる! ↓

1分でわかるHuluのお試しがお得なわけ。

Huluのメリットは・・・

  • 人気映画・ドラマ・アニメ等60,000本以上!!国内・海外ドラマやアニメ、バラエティ、映画等、最新の作品から懐かしの名作まで60,000本以上の作品が満載です!
  • マルチデバイス対応でいつでも・どこでも、視聴できる!PC、テレビ、スマートフォン、タブレットなど、様々なデバイスに対応!テレビで見始めた動画のつづきをスマートフォンで楽しめます!
  • まるで映画館!驚きの高画質!インターネット接続環境に合わせて配信画質を調整しているから、お家でも、外出先でも、迫力の映像が楽しめます!
個人的にはHuluのオリジナル作品が超熱いです。最近では『NijiUなどの独占コンテンツが見放題であったり、面白い海外ドラマもたくさんあります。。今、世の中が大変な時で外出もままならない中、少しでも心の隙間をこのようなサービスで埋めることが出来たらな~と思っています。

忘れちゃいけません!国内ドラマも万全。特にHuluは日テレ系の動画配信サイトなので、日テレの作品が多く見れます。例えば最近ですと

  • リモラブ
  • 35歳の少女
  • バベル九朔
  • 極主夫道
  • 私たちはどうかしている

と2020年放送されただけでもこれだけ見放題作品があります。

正直、見切れないので、計画的に2週間を使いましょう。お試しして気に入らなければ2週間以内に解約すれば料金は一切かかりません。

Huluサービス概要

《Huluのサービス概要》
料金1,026円(税込)
動画配信数60000本以上(見放題とレンタル作品があります。)
無料お試し期間2週間(2週間以内の解約は無料)
画質フルHD画質

 Huluで《江戸モアゼル》をみる! ↓

《江戸モアゼル》相関図

江戸モアゼル 相関図 江戸モアゼル 相関図。

《江戸モアゼル》あらすじ&感想

《江戸モアゼル》1話あらすじ

カフェ店員の蔵地俊輔は、コーヒー一杯で5時間粘る客、閉店時間を過ぎて入店する非常識な客、イチャつきたいだけに訪れる客にイラついていました。

この世の中に運命の出会いなんか存在しないんだと思っていたその時、光の中から人力車に乗った花魁が突然目の前に現れ、幻覚を見たのは、あのアホなカップルのせいだと。家に帰った俊輔は、居間にあの花魁がー。

家の前で迷っていたので家に入れたという蔵地雄彦。花魁のコスプレかと思う寿乃。令和の時代にあり得ない花魁を不審者と決めつけ追い出そうとする俊輔。花魁は自分は、鈴鉢屋の仙夏だと言います。

そのまま眠ってしまった仙夏を泊める事にしますが、知らない女が一つ屋根の下にいるだけで、眠れなかった自分を中学二年生のメンタルだと感じる俊輔でした。

自動掃除機、車、携帯など、見た事がない事に驚く仙夏。仙夏の事を調べた寿乃は、過去の時代に実在していた花魁の仙夏を知り、言葉使いからもタイムスリップしたのだと信じます。江戸を探す仙夏に今の時代の説明をし、しばらくここで暮らす事を決めました。

カフェで、バイトをする事になった仙夏は、勘違いやトラブルを起こしながらもどうにか働きます。そんな時春日泉美がカフェに来店し、俊輔が泉美を好きな事が仙夏に見破られました。

そんな俊輔を応援する為、起請文、指切りを教える仙夏。体を張ってまで想いを伝える必要は、ないという俊輔に、明日には一緒に居られないかもしれないという仙夏。江戸で、大好きな人ナオとの辛い別れを経験していた仙夏でした。

蔵地コーポレーションの映像を見てTVを消す俊輔。一方春日は、仕事を持ち帰って先輩に期待されるプレゼンの案を作ります。会社にコーヒーを配達に行った俊輔と、仙夏はプレゼンを失敗した所を見てしまいます。

そんなに頑張らなくていい、と励ます俊輔。担当を外されて落ち込んでいる春日に「使えない」と言う先輩に人間に対して使えないなんて言葉を使うんじゃないと言う仙夏。

俊輔に、逃げてばかりの人生では、何も成し遂げられないと言いますが、何かに失敗して、惨めな、いたたまれない気持ちになるよりはいいと返す俊輔でした。

その後家に帰って来ない仙夏を心配する寿乃は、吉原では、親の借金の為に売られた人が多く20歳を越えると亡くなると言います。そんな所へ戻るのが幸せかと。

皆んなが心配する中仙夏は、春日の会社に現れ、人間は道具じゃない、道具は、壊れれば治せるが、人間は壊れてからじゃ遅い、笑顔が出ないような仕事では好きな物も嫌いになると言う、笑顔になる踊りを舞う仙夏。

俊輔の前から姿を消そうとする仙夏を引き止めた俊輔は、又一緒に働く事に。コーヒーを配達する仙夏と俊輔は、会社で、笑顔で働く春日を見ます。そしてそこで社長に初めて会った仙夏は、社長の顔を見て、江戸で別れたナオだと確信し抱きつき、、、。

《江戸モアゼル》1話感想

花魁役の岡田結実さんがとっても綺麗で見応え抜群でした。

ストーリー的にも見た事がない時代設定で、主役が花魁という所も面白いです。蔵地俊輔が多分父親の会社で何かやらかして心が折れたのだと想像しますが、仙夏との出会いで、段々と大人になって行くというストーリーだと思います。

仙夏が社長に受け入れられるのか、俊輔が春日と恋人になれるのか、又俊輔が仙夏を好きになって行くのか、様々な恋愛も見どころですし、タイムスリップした花魁がどうなってしまうのか楽しみです。

良かったセリフ

置かれた場所で、咲き誇る、という仙夏のセリフが印象的だったのと、人間に使えないなんて言葉使うな、人間は道具じゃない、逃げてばかりの人生じゃ何も成し遂げられない、期待と言う言葉で人を操るな、など、いい事言うなーと思いました。[/ac-box01]

《江戸モアゼル》2話あらすじ

この新しい世界で、春日泉美の会社で直樹を見つけた仙夏。

その顔を見て、この人は仙夏の想い人の直樹だと確信し、抱きつきます。社長は、知らない女性に抱きつかれた事で、警備を呼ぶ事態に。

家に帰った仙夏は、ナオさんが、こっちの世界に先に来ていたのだと、想い人に会った事を喜ぶ仙夏。しかし、仙夏の想い人ではないと、俊輔に言われ、、、。

一方あこがれの春日泉美に、お礼の食事に誘われた俊輔は、二人きりで十年越しのデートに。社長をナオさんだと信じて近ずきたい仙夏は、募集中の秘書になるべく面接を受ける事になります。

面接会場で、特技を話すライバルの中で、舞を披露する仙夏。そんな仙夏は、社長に気に入られて、秘書に採用されました。社長の側にいるためだけの為に採用された仙夏。仙夏は、社長を守る為に働くと意気込んでいました。

江戸時代、吉原に出入りしていたナオさんと、花形花魁との恋愛が成就するはずはなく、仙夏は、思いを伝える事が出来ないままでした。そんな事からやっと会えたナオさんに近づきたいと思う仙夏でした。

社長が、お店の女の子のホステス綾子に誕生日のプレゼントの指輪を渡しているのを見た仙花は、恋仇がこの世にいる事を知ります。仕事の商談で、綾子の勤めるクラブで接待をする事に。社長の為に力になろうと、張り合う仙夏と綾子。

思った事しか言わない正直な仙夏は、磯部社長に気に入られます。その甲斐もあり、独占契約にこぎつけました。一方春日とのデートの場所に悩む俊輔は、仙夏のアドバイスで、居酒屋に決め、仙夏が言った通り喜ぶ春日。二人が高校生の時、俊介が春日の絵を描いていた事を知っていた事を知る俊輔でした。

一方商談が成功したのを聞いた綾子から約束の旅行に行こうと誘われた社長は、そんな約束は、冗談だと言われ、恋心を裏切られた思いの綾子。コーヒーの配達の為に会社に行く俊輔は、仙夏が秘書として働く姿を見ます。

そんな社長の元を訪れた綾子。綾子の手にはナイフが。その時社長の前に立ち塞がる仙夏は、社長の命を守るのが仕事だと。お金を渡すと言う社長に、私が必要だと言ったのも全部嘘だったのが許せないと泣く綾子。

しかし、客が本気でホステスを好きになるはずが無いとホステスの綾子をバカにする社長。そんな話を聞いていた仙夏は、社長は、女の恋心を利用した、大悪党だと言い、懲らしめる為社長にナイフを突きつけます。そして人の気持ちを踏み躙る社長は、顔が似ていてもナオさんでは無いと言う仙夏。

この世界でナオさんに出会った仙夏は、江戸時代に流行病で亡くなったナオさんの事を知っていながらも懐かしく思っていた事を話します。そして五秒だけ時間を貰い、社長のナオさんをだきしめ、想いを吹っ切る仙夏でした。

何の為にこの世界にき来たのかと言う仙夏に、こっちには美味しい物が沢山ある、置かれた場所で、食い倒れもいいと言う俊輔。バイト先のカフェに戻った仙夏。そんな仙夏に会いにきた社長は、俺と付き合え、お前みたいな面白い女は、初めてだ、と仙夏を抱きしめ、、、。

《江戸モアゼル》2話感想

はっきりした性格の仙夏役を岡田結実さんが演じている事で、女性の気持ちを凄くハッキリと言ってくれてスッキリするドラマだと思います。花魁姿も美しく、とても似合っていて、素敵です。

俊輔は、春日泉実に恋しているといった感じもありますが、仙夏をも、気にしている感じもあり、今後の展開が気になります。

良かったセリフ

仙夏が磯部社長にお尻を触られた時、「アンタにとっては、少しでも、私にとっては、少しじゃない」どんな人にもハッキリ言う仙夏にスッキリしました。

又、「好きになっちゃいけない人なんかいない」と言った仙夏の言葉も良かったです。

《江戸モアゼル》3話あらすじ

最近仙夏の様子がおかしい。社長にお試し期間として、二週間付き合う事を言い渡された仙夏。IT社長の彼氏からスマホをもらい、スマホが楽しくて仕方ない仙夏でした。スマホで動画をアップする仙夏は、仲間達から調子に乗っていると言われます。

そんな時花魁の仙夏とコラボしたいと、姫の姿の女性が現れ、プリ姫クラブという動画サイトを配信する二人。江戸からタイムスリップしたという仙夏に姫もタイムスリップしたと。二人の動画のおかげで、カフェは満員に。

しかし、姫子は、さまざまな店をディスっている人で、仙夏を利用していた事が判明します。店の評判は、落ちて行き、、、。

そんな姫子に会う仙夏は、「人の店の評判を落として胸が痛まないのか」と言いますが、なんとも思わない姫子。店の評判を回復する為姫子に会いに行った仙夏ですが、仙夏に土下座して謝っている所を動画で配信する姫子。

仙花夏が店の為にと、やればやるほど店の評判が落ちる結果になり、ほとぼりが覚めるまで、店を閉める事になってしまいます。店に迷惑をかけた仙花夏は俊輔にも怒られ、行き場を無くします。神社で、お百度参りをする事にした仙夏。

春日と、デートする俊輔は、二人で行ったパワースポットで、仙花夏がお百度参りをしている姿を見ます。仙花夏の事が心配な俊輔は、春日とのデートを切り上げ、仙花夏の元へ。しかし、ねじ曲がったことしか言えない俊輔は、仙夏に新しいメニューを作るから早く帰って仕事をしろ、と言い、家に帰します。

仲間の皆んなに優しく迎えられた仙花夏。ほとぼりもさめ、店を再開したある日、姫子が来店します。「好きと言う気持ちで人と繋がっていた方がいい。もう一度本当の居場所を見てけたほうがいい」と姫子に忠告した仙夏の言葉で、姫子は帰って行きディスることをやめます。一方デートから帰ってしまった昨日の事を、春日に謝る俊輔にキスした春日。そんな二人を遠くから見ていた仙花夏でした。そんな時仙花夏を探す武士の姿が、、、。

《江戸モアゼル》3話感想

江戸で生活していた人が、現代にタイムスリップしてきたら、スマホなんかは楽しくて仕方ないのだろうと想像できます。

素直でまっすぐな仙夏は、人を疑う事を知らないゆえに現代人に簡単に騙されてしまい、なんとかしようと、もがけばもがくほど悪い方向に行ってしまったのが切なかったです。

又、騙した姫の病んだ心を理解して生き直す事を説得する仙夏が「粋じゃないねー」と言いながらのセリフがカッコイイです。現代の社長をも虜にする仙夏は、流石に江戸の現役花魁の貫禄を感じます。

良かった所

アイドル時代に全く報われなかった姫子が、人を傷つける間違った方法でお金を稼いでいる事を知った仙夏が、「粋じゃないねー」といういつものセリフが好きです。

又、話し方がねじ曲がっている俊輔が、仙夏を家に返すように必死で仙夏の為に動く所も心温まる良いシーンでした。江戸に帰りたい仙夏がお百度参りするシーンも切ないです。

 

《江戸モアゼル》キャスト・スタッフ

  • 仙夏
    岡田 結実
  • 蔵地 俊輔
    葉山 奨之
  • 春日 泉美
    吉谷 彩子
  • 蔵地 寿乃
    山口 まゆ
  • 森谷 香澄
    藤江 萌
  • 大河内 拓馬
    中本 大賀
  • 松野 隆二
    森田 甘路
  • 鳥居 直樹
    前田 公輝
  • 蔵地 雄彦
    田中 直樹

スタッフ

  • 脚本
    政池 洋佑
    大林 利江子
  • 監督
    汐口 武史
    菊川 誠
    朝比奈 陽子
  • 音楽
    兼松 衆
    中村 巴奈恵
    櫻井 美希
  • チーフプロデューサー
    岡本 浩一
  • プロデューサー
    汐口 武史
    斎木 綾乃
    森安 彩
    関本 純一
  • 制作協力
    吉本興業
  • 制作プロダクション
    共同テレビジョン
  • 制作著作
    読売テレビ

《江戸モアゼル》作品概要

 

舞台は東京のとある小さな町

【 江戸の花魁、現代に現る。】日々淡々とアルバイトをする蔵地の平穏だった日常は、仙夏の登場により、一気に騒々しくなり…

【 江戸の花魁、現代の女性を救う。】神出鬼没の仙夏は、行く先々で出会う現代ならではの悩みを抱えた女性に寄り添いつつ、「粋じゃないねぇ」とそっと背中を押してあげる。

【 江戸の花魁、現代の男性に恋をする。】蔵地が想いを寄せる高校の同級生・春日泉美(25)と、仙夏の死んだ想い人と顔が瓜二つの鳥居直樹(30)が現れ、恋の四角関係に―
“いつかこの人は江戸に帰ってしまう”切ない仙夏の恋路の行方は?

江戸で輝く粋な花魁と、イマイチ決断力に欠ける草食系男子!
他人を想う気持ちは同じくらい深いのに、行動し過ぎてしまう女と、
考えすぎて何も行動できない男。
真逆の二人を中心とした、時代を越えたハートフルコメディ!!

疲れた現代女性の心を癒す&時空を超えたラブストーリー

公式より引用