『ウチの娘は彼氏ができない』ウチカレ10話最終回、見逃し動画配信&相関図!

ウチの娘は、彼氏ができない 見逃し無料フル動画配信

菅野美穂主演、北川悦吏子が脚本を手掛ける“エキサイティング・ラブストーリー”。菅野演じる水無瀬碧は、“恋愛小説の女王”であり、世間知らずのシングルマザー。そんな碧は、しっかり者のオタク娘に彼氏ができないことを心配していた。ある日、二人はある理由から「恋をしよう!」と決意。“トモダチ母娘”が恋に奮闘する姿を描く。

《ウチの娘は彼氏が出来ない》見逃しフル動画配信は?

《ウチの娘は彼氏が出来ない》ですが、「 」で配信されています。

配信状況無料お試し期間
U-NEXT31日間
Paravi2週間
Hulu◎見放題2週間
FOD2週間
TELASA15日間

※本サイトの配信情報は2021/1月現在のものです。最新の情報は各サイトにてご確認ください!

 Huluで《ウチの娘は彼氏が出来ない》をみる! ↓

1分でわかるHuluのお試しがお得なわけ。

Huluのメリットは・・・

  • 人気映画・ドラマ・アニメ等60,000本以上!!国内・海外ドラマやアニメ、バラエティ、映画等、最新の作品から懐かしの名作まで60,000本以上の作品が満載です!
  • マルチデバイス対応でいつでも・どこでも、視聴できる!PC、テレビ、スマートフォン、タブレットなど、様々なデバイスに対応!テレビで見始めた動画のつづきをスマートフォンで楽しめます!
  • まるで映画館!驚きの高画質!インターネット接続環境に合わせて配信画質を調整しているから、お家でも、外出先でも、迫力の映像が楽しめます!

忘れちゃいけません!国内ドラマも万全。特にHuluは日テレ系の動画配信サイトなので、日テレの作品が多く見れます。例えば最近ですと

  • リモラブ
  • 35歳の少女
  • バベル九朔
  • 極主夫道
  • 私たちはどうかしている

と2020年放送されただけでもこれだけ見放題作品があります。

正直、見切れないので、計画的に2週間を使いましょう。お試しして気に入らなければ2週間以内に解約すれば料金は一切かかりません。

Huluサービス概要

月額料金1,026円(税込)
配信数60,000本以上
無料お試し期間14日間
画質HD
同時視聴6人まで
ポイントの付与なし
視聴可能な作品国内ドラマ(日本テレビ系列)
国内バラエティー(日本テレビ系列)
海外ドラマ
映画
アニメ
他にも多数配信中

《ウチの娘は彼氏が出来ない》相関図

ウチの娘は彼氏ができない 相関図公式より

《ウチの娘は彼氏が出来ない》あらすじ&感想

⾵雅 (豊川悦司)から⼀緒に沖縄で暮らそうと誘われ、⼼揺れる碧 (菅野美穂)。⼀⽅仕事では、映画化が話題となり⼩説家として再び脚光を浴びる。そんな折、碧はニューヨークへの異動を告げられた漱 ⽯(川上洋平) からも、⾃分と⼀緒にニューヨークに来ないかと誘われて……!?突然のモテ期の到来に浮かれる碧だが、空 (浜辺美波) からは沖縄にもニューヨークにもついて⾏かないと⾔われ、⺟娘の間には微妙な距離が⽣まれる。そんな中、ゴンちゃん(沢村⼀樹)は地元の銭湯で⾵雅と鉢合わせる。⾵雅に対し⼀⽅的に対抗⼼を燃やすゴンちゃんだが……。そして⼤学では、お互いを意識する空と光 (岡⽥健史) の間にぎこちない空気が流れていた。そんな中でも光は、碧と離れることが淋しいと思っている空の気持ちを感じ取っていて……。その⽇、空は渉 (東啓介) に別れを切り出す。「他に好きな⼈、出来た?」という質問に、空の⼼には光の顔が浮かんでいた……。⼀⽅、おだやには転勤前におでんを⾷べに来た漱⽯が現れる。さらに、⾵雅までやってきて、碧をめぐる男たちが⼀堂に会するが……。碧と空を⾃分の物のように話す⾵雅の態度にイラっとするゴンちゃんは怒りが沸点に達し、勢いよく⾵雅に殴りかかる!修羅場と化すおだや!タイミング悪く現れた空は、⾵雅に向かって碧と空の気持ちを代弁するゴンちゃんの⾔葉を聞いてしまい……!?⺟娘をめぐるエキサイティング・ラブストーリーが、ついに最終局⾯を迎える!

《ウチの娘は彼氏が出来ない》ネットの感想抜粋

  • 凄く惹かれた。 2分47秒の激辛カップ麺を待ってる時に携帯着信音が鳴り、「なんだよぉん!」とぁぁもうこんな時にぃみたいな心の余裕があり、携帯を見る時のちっとも面倒臭そうな感じがしないのが凄くいいし、光が意地らしかった。 岡田君の芝居が本当に魅力的で見る者の心を掴んで離さない、凄い俳優だと思います。 過去に女教師を慕う中学生をやった時とはまるで別人だ。驚き!

  • ドラマが始まった当初は、タイトルも軽いし登場人物のキャラクターも単純で、2~3話が限度かなと思っていたけど、なんか見ていて毎回笑ったり泣いたりしてる自分がいる。 ストレートの組み立てや背景、そこに関わる人たちの人物像に、どこか共感してしまちます。 しかし豊川悦司がカッコ良すぎて、昔より今のカッコ良さが際立ってるので、配役した人は天才だと思う。 この役、他の誰にもやってほしくないとおもえた。

  • それぞれの思いが染み渡る、よいお話でした。 ゴンちゃんの碧への想いは、碧にとっては身近に居すぎて気づけないほど、大きくて、優しいものなのだと思います。 光君の空ちゃんへの想いも大きくて優しく、空にとっては、一緒に居ると安心できる存在なのでしょうね。二人の気持ちがどう寄り添っていくのか、今後が楽しみだし、ずっと見守りたいです。 渉先生、今回はグッジョブでした。両親を幼くして亡くしたから分かる、親への思慕。空に父親との時間を持てるようにしてくれた。良いとこあるじゃん、と思いました。空とうまくいかなくても、この恋を経て成長し、幸せになってほしいです。

  • 北川作品らしくて懐かった。 岡田くんはこのドラマのMVPですね。オレンジデイズからかなりの時を経て恋愛観や人との距離感も様変わり男女が接近すればスキンシップが当たり前みたいな時代は遠い昔になりにけり全てが多様になった現代に岡田くん等身大の今の子らしさの中に、個人の感覚、性質が核である。というところを上手く見せています。 正直、ここまで来てあのセリフ回しと作家さんとキャラ両面の酔ってる感じが引っかかるなーとは思うし、話も散らかしたなとも思ってますが入野光と岡田健史はかなり好きです。時代関係なく「なぁに」は北川さんグッジョブでしたよ時代に翻弄されず得意分野を突き進めばいいんじゃないかな。

  • 脚本もキャストも演出も好きです。 (漱石はちょっとアレですけど。。) 風雅は悪い男だけど、トヨエツさんが演じると、それでも魅力的で惹かれてしまうって説得力ありますね。 シャボン玉とかジェンガとか小道具の使い方がうまい。印象的なシーンになりますね。 信号が青になっても動けないとか。古臭いのかもしれないけど、古い人間なんでグッと来ます。 私も「この時のことをずっと思い出すだろうな」ってふと思う瞬間があります。あと、匂いって一番記憶に刻まれるんですよね。 分かるな〜って共感持つシーンが多くて見てると嬉しくなります

  • ・若いころすごーくモテて、自分でも食い散らかしていた人 ・捨てた女とやり直そうとして、逆にフられて、その彼女を今でも思っている?人 ・舞台役者をやるような人で、誰の懐にもすぐ入り込める気さくな人で、世捨て人 ・どこかにいる自分の娘を思って、365日×20年間も写真を撮り続けた人 桁外れの執着心と、全く執着せず何もかもすぐ捨ててしまうドライさが混在していて、気味が悪い。 でも、トヨエツが演じると納得してしまう。その上、大変魅力的。

  • 今回のラストで、ようやく恋愛の進展らしい進展が観られましたよね。ちょっと遅いくらいだけど、友達からの進展はこれくらいゆっくりなほうがリアリティはあるのかも。 凄く良いシーンではあったんだけど、私は待ちに待った展開だったので、光くんがのん気にこの瞬間を思い出すんだろう、なんて感慨にふけってるとこ悪いけど千載一遇の今がチャンスだよっと、思わず気が急いて叫んでしまった(笑)。 空からのまさに初めてのアクション?だと思うから。 それでも大きな一歩?と、喜んで。最終回にさらなる期待を寄せたいなと思います。

《ウチの娘は彼氏が出来ない》キャスト

  • 水無瀬 空・・・浜辺 美波
  • 水無瀬 蒼・・・菅野 美穂
  • 入野 光・・・・岡田 健史
  • 橘 漱石・・・・川上 洋平
  • ナオキ・・・・・地 信永
  • ゴンちゃん・・・沢村 一樹
  • 伊藤 沙織・・・福原 遥
  • 愛梨・・・・・・長見 玲亜
  • 小西編集長・・・有田 哲平
  • 小田 俊一郎・・中村 雅俊
  • ケンタ・・・・・中川 大輔
  • 美羽・・・・・・吉谷 彩子
タイトルとURLをコピーしました