《レッドアイズ》最終回見逃し動画配信はこちら!

レッドアイズ 見逃し動画配信

  1. 主人公の伏⾒響介(⻲梨和也)はかつて神奈川県警の捜査⼀課の元敏腕刑事。
  2. しかし彼は、婚約者の美保(⼩野ゆり⼦)が何者かに殺害されてしまう。
  3. 現在は浮気調査専⾨の探偵事務所を開業している。
  4. 伏⾒が警察をやめて3年。神奈川県警に「神奈川県警捜査分析センター」が発⾜。
  5. そこは監視カメラ等の映像データを解析し、事件解決に役⽴てる組織
  6. 組織の統括責任者は捜査⼀課に所属の伏⾒の元上司・島原(松下奈緒)。
  7. 島原は伏⾒に、「特別捜査官」としてKSBCに加わってほしいとオファー。

なかなか面白いですよ。亀梨君アクションもいけるから楽しみです!

全然余談ですが、監視カメラで犯罪を未然に防ぐ系のドラマで思い出しましたが、アメリカのドラマで『パーソンオブインタレスト』という、これかなりはまったドラマがありました。シーズン1~5までありますが、みんな面白いと言ってました。

パーソンオブインタレスト

もし時間に余裕があればぜひシーズン5まで見てほしいです。超おすすめです。ちなみにU-NEXTで全話見放題なので、U-NEXT利用したことない方なら31日間無料体験できるので、一気に見てください^^ → → U-NEXT

《レッドアイズ》キャスト

  • 伏⾒響介・・・・・⻲梨和也
  • 島原由梨・・・・・松下奈緒
  • ⻑篠⽂⾹・・・・・趣⾥
  • 湊川由美⼦・・・・シシド・カフカ
  • ⼩牧要・・・・・・松村北⽃(SixTONES)
  • ⼭崎⾠⼆郎・・・・⽊村祐⼀

《レッドアイズ》見逃しフル動画配信は?

《レッドアイズ》の見逃し配信は日テレ系の動画配信サービスHuluで配信されています。

配信状況無料お試し期間
U-NEXT31日間
Paravi2週間
Hulu◎見放題作品2週間
FOD2週間
ABEMA14日間

※本サイトの配信情報は2021/1月現在のものです。最新の情報は各サイトにてご確認ください!

 

↓ 《レッドアイズ》をみる ↓↑ 2週間以内の解約は無料です ↑

《レッドアイズ》相関図

レッドアイズ相関図

《レッドアイズ》6話 あらすじ

謎の男・真⼸(TAK∴)に拉致された伏⾒(⻲梨和也)は、彼が⼀連の事件の⿊幕=“先⽣”では
ないかと疑うが、真⼸は否定。伏⾒は、彼を助けに来た湊川(シシド・カフカ)ともども窮地に⽴たされるが、何者かの指令を受けた真⼸は、2⼈を残してその場を去っていった。

天才ハッカー・⼩牧(#松村北⽃)が誘拐され絶対絶 が誘拐され絶対絶…そんな中、⼤学時代の後輩・悠⾹(森⽥望智)から呼び出された⼩牧(松村北⽃)が、怪しげな男たちに誘拐された。連れ去られた先で待ち構えていたのは、元暴⼒団の瀬沢(古屋隆太)。⼩牧は瀬沢から、⽇本最⾼レベルのセキュリティーを誇る「みなと貴⾦属」の倉庫をハッキングするよう迫られる。悠⾹を⼈質に取られた⼩牧は、早速、作業に取り掛かることに。

⼩牧も認めるプログラミング能⼒を持ちながら、親が事業に失敗し、⼤学を中退した悠⾹。⼈間を信じることを知らなかった⼩牧の⼼を開いてくれた悠⾹を守るために、瀬沢たちに⼿を貸す⼩牧。倉庫のセキュリティー解除に軽々と成功した彼は、KSBCのシステムをジャックして…!?

《レッドアイズ》6話 感想

特殊戦闘訓練を受けた青コートの男にぶちのめされた伏見。コテージで椅子に縛り付けられ身動きが取れない。どうなるのか?「ここでお前は終わりだ」宣言をした青コート男。危機一髪で湊川が助けに入る。

一瞬危機を脱出したものの青コート男と実力差があり過ぎるのだから助かることないだろう、どうなるんだよ?と思っていた。すると青コート男にメッセージが来る。「命拾いしたな」と言い捨てたことから、指示が来たのだろう。

確かに、伏見、湊川両名にとっては命拾いだ。小牧は大学時代の後輩・悠香からのアポ。しかし、小牧は拉致される。なんと!この悠香がこの拉致に一枚噛んでいるようで「ごめんね、先輩」と一言。実は彼女も脅されていたのか。それにしてもヤバい連中に捕まってしまったものだ。

この集団のボス・元暴力団の瀬沢が小牧に日本最高レベルのセキュリティを誇る<みなと貴金属>をハッキングさせようとするが、その際、悠香を瀬沢がナイフで刺して仕事を急がせる。急所は外しているので即死ではないものの時間の問題という緊迫感溢れる状況。

KSBCの方では悠香の素性をリサーチ。その中でプログラマーを募集する闇サイトに行きつく。ここにアクセスしていた者たちは死亡するか行方不明かというヤバさ。一方、小牧を拉致した一人と遭遇する伏見と湊川。両名に気づいた犯人が逃げる。これを監視カメラを使って長篠が二人に指示を与え、犯人を追うシーンはなかなか見応えがあった。

しかし、犯人を見失ってしまう。今現在の長篠の能力の限界なのか?そんな彼女を気遣って「元犯罪者には勝てんやろ」と山崎の優しさが感じられる一言。そんな中、KSBC自体がジャックされる。これが小牧が仕掛けた、犯人たちを欺き、KSBCの仲間にメッセージを送る方法。小牧はどれだけ賢いんだ。そして、犯罪者たちのターゲット社屋に侵入が始まる。が、小牧はセキュリティを5分後には復活させるようにプログラムしていたというおまけつき。

これで犯人たちはもはや袋のネズミかと思われた。確かに瀬沢たちは逮捕された。しかし、ここで驚きの事実が!なんと悠香が犯人と本当に手を組んでいたことにはびっくりだった。小牧の過去が語られるシーンにおいてはなかなか心温まるストーリーだ。今回は小牧のハッカーとしての何物をも寄せ付けないほどの才能の凄さを見せつけられた回だった。最後のシーンで島原が電話相手に「先生」と言っていたのはちょっとしたインパクトだ。鳥羽のカウンセリングで洗脳されてしまったのか?と考えてしまう。内部にも敵が出現するかと考えると今後の成り行きに興味惹かれる。

レッドアイズ》7話 あらすじ

⼩牧(松村北⽃)が関わった事件の犯⼈も、他の事件と同じく“先⽣”と関係があったことが判明
した。“先⽣”をプロファイルした⼭崎(⽊村祐⼀)は、彼が伏⾒(⻲梨和也)に恨みを抱く⼈物
だと指摘する。そんな中、亡き美保(⼩野ゆり⼦)の墓参りに⾏った伏⾒のもとに、美保の⽣前の盗撮動画が送られてきた。動画の送り主から呼び出された伏⾒は、⿇酔銃で撃たれ、連れ去られてしまう。KSBCに送られてきたライブ映像から、伏⾒がある場所に監禁されていると⾒抜いた島原(松下奈緒)は、近隣の該当施設を調べさせるが、数が多く、なかなか絞り込みには⾄らない。伏⾒を拉致したのは、鴫野耕平(正名僕蔵)と妻の潤⼦(⼤⾼洋⼦)。病気の娘の治療費のために強盗に⼊った先で伏⾒に逮捕された2⼈は、その後娘を亡くし、伏⾒を逆恨みしていた。2⼈は伏⾒と共に⼼中する覚悟だ。湊川(シシド・カフカ)たちは、伏⾒のヒントから彼を拉致した男を確保するも、伏⾒の居場所はわからずしまい。その間にも、伏⾒の体⼒は徐々に奪われていき・・・

《レッドアイズ》7話 感想

牢に鍵をつけ、さすまたのように柄の長い棒の先に小さなスタンガンを持つ牛追い棒、そして今回の犯人と思われるような男の口元のほほえみのアップ!今回は誰なのか?興味惹かれる。今までの犯人全てが「先生」と呼ばれる人物に辿り着く。

山崎がこの「先生」のプロファイルをするが、それは私たちも分かっているよと軽くTVの前でツッコむ。それにしても「先生」は凡人離れした能力の持ち主だ。意のままに人を動かせるようになると神になったと錯覚するのでは?伏見が美保の墓前で「もう少しだ」と手を合わせるが、なぜ伏見を中心として彼の周りの人物を襲うのか?これが最大の謎である。

生前の美保の盗撮動画、その上、伏見自身が先ほど美保の墓参りをした時の動画には驚き!あの瞬間にも犯人は伏見を見ていたのか!というそこはかとない恐怖。そして伏見は拉致される。監禁された伏見の目の前に出てきたのは鴫野夫妻。以前に伏見が逮捕した二人だ!夫妻が抱えていた盗みを働かざるを得ない事情には同情する。しかし、警官としての伏見も正しい。こうした状況では決断を下すことは人間として辛いところだ。監禁され、電気ショックを受けながらもKSBCのメンバーに隠れたメッセージを送る伏見って、凄すぎる!

しかもメッセージがあると思っている、そしてそのメッセージを一瞬にして見抜くメンバーたちも超能力者か!?と思えるほどだ。気を失っている伏見の夢の中での彼と美保、二人っきりでテーブルを間に向き合っている部屋は純白でまぶしく非常に印象的だ。幸せそうに話しているところ、美保が穴に落ちるようにスッといなくなるのは、何か暗示しているのか?と勘繰ってしまう。

伏見が目を覚まし、鴫野夫妻を説得にかかる。やはり裏には「先生」の存在が。だがここで個人的にではあるが本当に「先生」=鳥羽なのか?ドラマでは鳥羽が「先生」のようにつくられているが。さらに危険になった伏見。死を装って鴫野夫妻から牛追い棒を奪い取る。それを使い、牢内の一部を爆破!KSBCに居場所を知らせるという無茶な行動。よく頭が回るなぁ、死にかけているのに!と感心する。だがそのおかげで無事救出されるに至る。救出後の逮捕連行される鴫野夫妻を見ての伏見の言葉「あの人たちは俺は同じだ」「いつあんなふうになるか分からない」というのは感慨深い。

《レッドアイズ》9話 あらすじ

島原(松下奈緒)のカウンセラー・⿃⽻(⾼嶋政伸)が、KSBCに現れた。⾃分の担当患者だっ
た蠣崎(忍成修吾)の情報提供に来たという⿃⽻から、話を聞く島原たち。美保(⼩野ゆ⼦を殺した犯⼈と同じ⻘いコートを着た⿃⽻の右腕に、犯⼈と同じ傷があることを知った伏⾒(⻲梨和也)は逆上するが、⿃⽻は動じることなく取り調べに協⼒する。取り調べ中、蠣崎への憎しみを解放するよう⿃⽻から巧みに誘導された島原は、⾃分の怒りを抑えることができず、激しく動揺。すると、蠣崎が⾃殺したという連絡が⼊る。何者かが蠣崎の病室に拳銃を持ち込んだのだ。⼀⽅、湊川(シシド・カフカ)と共に⿃⽻のクリニックに向かった伏⾒は、美保の殺害に使われた凶器を発⾒。直前に、嘉吉(三元雅芸)という男が侵⼊し、凶器を置いていったらしいことも判明する。しかし、凶器から検出されたのは、思いがけない⼈物の指紋。そして真⼸(坂⼝拓)から、⼤病院のシステムを乗っ取ったとKSBCに連絡が⼊る!

《レッドアイズ》9話 感想

KSBCおよびその関係者までも疑いを向けている鳥羽。KSBCの取調室の席に着くが伏見の婚約者を殺害した自部物が羽織っていた青いコートを着てくるという大胆不敵さ。なぜわざわざ主張するようにキーアイテムをKSBCに着てきたのか疑問だった。取調室での鳥羽vs島原・長久手の問答は鳥羽がひらりひらりとかわしている状況で賢さが勝る雰囲気。

しかも右腕の大きなキズを見せてまでも顔色一つ変えない高嶋さんの怪演も光るところだ。鳥羽が島原、長久手を前にしてキズの所以を話し始め、両親が自殺しているシーンが映し出されるが、どうも疑ってしまう。もしかしたら鳥羽が10歳にして大人、それも両親を操って自殺に追い込んだのではないか?と。さらに鳥羽の言葉に耳を傾ける島原のフラッシュバックのようなシーン、背景は白、その中に島原が一人。

かと思いきや今度は蠣崎が椅子に座っていて島原が対面している。こういったカットを次々と繰り出されると鳥羽の超能力とも言うべき人心を操る能力の凄さを際立たせる。この最中に蠣崎が銃で自殺。警察内部に内通者がいることが決定的に!誰だろう?と犯人探しが好きな視聴者は思ったことだろう。鳥羽のクリニックに行き、家探しをする伏見と湊川。そして伏見の婚約者・美保殺害時に使用されたものに似たナイフが見つかる。と同時にKSBCでは山崎が「どこまで買いに行ってんねん」とコーヒーを買いに行った小牧に愚痴ったが、まさか!彼がっ!と思っていたら、直後にその予感がビンゴした!先のナイフには小牧の指紋、そしてコーヒーを買いに行く振りをしてバンに乗り込む。

そのバンの運転席にはあの軍事用訓練を受けている男。証拠が揃い過ぎている。と思いつつまた別のストーリーも頭をよぎる。小牧が敵の言いなりになっているようなフリをして、最後には寝返るパターンもありじゃないか?と。駐車場でのシーンに移るとやはり後者だったかと。若干の安心感を覚える。KSBCを離れる鳥羽が島原に彼女の妹・はるかのことを言いだす。まさか、妹のはるかに何か仕掛けたのか?と内心思った。そして美保が殺害された倉庫では衝撃的な事実が待っていた!しかし、実行犯は本当に彼なのか?また、もし先生と言われる人物が鳥羽だとしたら、なぜ彼は伏見に恨みを持っているのか?このあたりが最終回でクリアになることを期待する。

《レッドアイズ》最終話 あらすじ

⼩牧(松村北⽃)の銃撃現場から逃⾛した伏⾒(⻲梨和也)に、⿃⽻(⾼嶋政伸)から連絡が⼊った。そして明かされる⿃⽻の過去……。そこには伏⾒の婚約者・美保(⼩野ゆり⼦)の死との思いがけない関係が…!?⿃⽻の真意を探る鍵が、公にできない犯罪を記した“ブルーブラッドリスト”にあると確信した島原(松下奈緒)は、奥州(⽮島健⼀)のPCからデータを盗み出すことに成功。

⼀⽅、捜査⼀課に追われる伏⾒を隠れ家に匿った⼭崎(⽊村祐⼀)と湊川(シシド・カフカ)は、謎の男・真⼸(TAK∴)に関する有⼒情報を⻑篠(趣⾥)経由で⼊⼿し、伏⾒に⼿渡す。そんな中、KSBCのある⼈物が真⼸に誘拐され、⼈質に取られる。

その背後には⿃⽻(⾼嶋政伸)の「真の⽬的」が隠されており…!これまで覚えたことがないほどの怒りと対峙することになる伏⾒。彼は、⿃⽻の仕掛けた罠と、⾃らの怒りに打ち勝つことができるのか? そして、KSBCを翻弄した内通者の正体とは…?すべての謎が解き明かされる、最終話!

《レッドアイズ》最終回 感想

現場を逃げ出す伏見に1本の電話。鳥羽からだ!伏見と鳥羽の会話では、伏見もそうだが、我々にとっても謎な部分があり、これが最後にはクリアになるんだろうなと思っていた。はっきりと理解できる最後にして欲しいと思っていた。小牧が鳥羽の下僕だという雰囲気の前回の放送だったが、実は伏見の命を守るための行動であり、撃たれたと分かった時は、この男!凄いな!と思った。

自分の命を引き換えにしても守る人がいるって凄い!しかもその人は恋人でも肉親でもないからなおさらその印象が強い。鳥羽が起こしている事件の大元、ブルーブラッドリストを島原が入手する。これには具体的にどんなもみ消され事件があるのか?前回から気になっていた。鳥羽と下関外務大臣との接点が見つかる。大臣の息子が鳥羽の妻・梓を暴行に関する一連の出来事が鳥羽の行動の起源だと分かった。

それにしても酷い。大臣の息子だからと言って、事件がもみ消され、監視カメラの映像は消去され、被害者を貶める。腹立たしい限り。我々の知らないところではこのような世界が存在するのかもしれないと思うとやりきれない。小牧が病院に入院していると危険だなぁ~と感じていたが、やはり拉致られた。そして鳥羽たちに捕らえられ、伏見に電話。なぜ小牧が鳥羽に従わざるを得なかったのか?を打ち明けるが、それを良しとしている鳥羽に不思議さを感じた。

なぜ鳥羽は舞台裏をわざわざ明かすのか?捕らえられた小牧を助けるため鳥羽の手助けをすることに。下関大臣一群を襲う青コートの男・真弓と伏見。大臣と息子、そして奥州刑事部長を連れて行く。二人きりで何人もの警護を倒すのは圧巻だった。このアクションはなかなか見応えがある。長久手が邪魔をすると、なんと第三の男が長久手を阻止する。思ってもいなかった内通者の発覚!長久手の部下・姉川だった!これは予想外でビックリ。いよいよ大詰めになると、鳥羽の起こした事件の出発点が明らかにされていく。

最終目的は伏見であることを鳥羽が自分の口で言うが、一般人である私には理解できない。だからこそ精神異常者なのだが。自分が殺されることさえ快楽と思う鳥羽。世にはこんな異常者がいるのかと想像すると理解に苦しむ。そして「なぜ伏見の婚約者・美保が殺されなければならなかったのか」がずっと謎だったが、最後に来て鳥羽に話され、理解できた。これで謎がスッキリとクリアになったと思った。鳥羽が連行されるときのニーチェの言葉、なるほどなと。また、最後は思わせぶりなシーンで幕を閉じる。島原の妹・はるかが手にしたバッグ、そして画面左右にチャーチルの言葉。受け取る人にとっていろいろな解釈ができるだろう。なかなかニクい演出である。

《レッドアイズ》スタッフ

  • 脚本:酒井雅秋、福⽥哲平、まなべゆきこ
  • ⾳楽:カワイヒデヒロ
  • チーフプロデューサー:池⽥健司
  • プロデューサー:尾上貴洋、茂⼭佳則(AX-ON)
  • 演出:⽔野格、⻑沼誠 ほか
  • 制作協⼒:AX-ON
  • 製作著作:⽇本テレビ

関連記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

ランキング

  1. 1

    さまよう刃、最愛の娘を殺された男の復讐劇!あらすじ、感想、無料視聴情報あり!

  2. 2

    《湯を沸かすほどの熱い愛》最後の火葬に足が!いきなりビンタの理由は?

  3. 3

    純平、考え直せ! 野村周平×柳ゆり菜のベッドシーンがすごい。あらすじネタバレからラスト結末は?

  4. 4

    私の頭の中の消しゴムのあらすじとラスト!これ実話なの?

  5. 5

    しろときいろ 〜ハワイと私のパンケーキ物語〜最終回!相関図。

  6. 6

    コンフィデンスマンJPの見逃し配信動画を無料視聴する方法!-江口陽介がゴットファーザ!?

  7. 7

    コン・エアー あらすじネタバレなし!この作品のニコラス・ケイジがかっこいい!

  8. 8

    ほん怖『ほんとにあった怖い話2020特別編』見逃し無料フル動画情報!実録心霊ドラマ10本立て!「あかずの間を造った話」で、上白石萌音が主演。

  9. 9

    日本統一27 あらすじ、ネタバレ、相関図~本宮泰風&山口祥行動画まとめ!

  10. 10

    日本統一28 ネタバレ、キャスト、相関図~渋谷の敵はきっちりとります!日本統一 何話まで?

TOP