ABEMA

『24JAPANジャパン』13話見逃し動画は配信はこちら!麗の暗殺計画がまだ終わっていなかった!?

24JAPANジャパン 見逃し動画フル配信

あの『24』が日本版『24JAPANジャパン』になって帰ってきた!

オリジナルを超えるのか?超えられないのか?

『24JAPAN』の前半を見逃した方は年末年始に前半おさらいスペシャルやっていましたが、やはり少しまとめてみたほうが面白いな~と思いました、内容が緊張する系なので一気に見れるというか眠くならずに^^

ちなみに『24JAPAN』はABEMATELASAで見逃し配信されています。ABEMAでは地上波では放送されないスペシャルカットと共にお楽しみ頂けるとのこと・・※一部無料

ABEMAプレミアムは初めての方限定で、登録から14日間無料で楽しめる無料トライアルを実施中なんです

 

~今すぐ2週間の無料お試ししてみる

ABEMA

※本ページの情報は2021年1月時点のものです。最新の配信状況はABEMAプレミアムにてご確認ください。

24JAPANジャパン 1話 見逃しフル動画
『24JAPANジャパン』1話~最新話まで見逃しフル動画はこちら!相関図あらすじネタバレ相関図。クロエ役は?『24JAPANジャパン』1話~最新話まで見逃しフル動画はこちら!あらすじネタバレ相関図。クロエ役は?...
24ジャパンJAPAN 見逃し動画配信
『24JAPANジャパン』相関図!『24JAPAN』VS『24USA』キャスト比較!『24JAPANジャパン』相関図!『24JAPAN』VS『24USA』キャスト比較!...

本家の24見てない方は一気見しましょう~

配信会社配信状況無料期間
U-NEXT31日間
Paravi2週間
Huluシーズン1~8まですべて見放題2週間
FOD2週間
TELASAシーズン3のみレンタル中15日間

本家の24の見放題は2020/12/26現在Huluでシーズン1~8まですべて、字幕&吹き替え共見れます。Huluの無料お試し期間が2週間なので、2週間で一気見頑張ればできるかも?24ジャパンに興味が出た人は絶対本家にハマること間違いなし!

※本ページの情報は2021年1月時点のものです。最新の配信状況はABEMAプレミアムにてご確認ください。

『24JAPANジャパン』13話 あらすじ

日本初の女性総理候補・朝倉麗(仲間由紀恵)の暗殺計画に関わるテロ実行グループのボス・神林民三(高橋和也)の手下・長谷部研矢(上杉柊平)に協力してもらい、CTU(テロ対策ユニット)第1支部A班の元班長・獅堂現馬(唐沢寿明)は、神林のアジトに監禁されていた妻・六花(木村多江)と娘・美有(桜田ひより)を連れて脱出。
だが、神林の猛追をかわすうち、やっとのことで再会した最愛の妻子とはぐれてしまう。危険を承知で、六花と美有を捜し回る現馬。やがて彼は、ついに神林との直接対決に挑む事になり…!?
一方、麗は見過ごすことのできない疑念にさいなまれていた。息子・朝倉夕太(今井悠貴)が正当防衛で殺人を犯していたことを知るカウンセラー・葵塔子(西丸優子)が、不意の事故で死亡したからだ。
闇の情報屋・上州(でんでん)が夕太の過去をもみ消すため、塔子を抹殺したのだと考え、全てを告発しようとする麗。だが、その覚悟を根底から揺るがすような言葉を、夫である朝倉遥平(筒井道隆)をはじめ、近しい人物たちから次々と浴びせられ…。
同じ頃CTUでは、自殺したCTUの内通者・明智菫(朝倉あき)がここ5カ月にわたり、自身の母親の口座に大金を振り込んでいたことが判明。菫の口座の入金履歴を調べたA班のチーフ・水石伊月(栗山千明)と暗号解析係長・南条巧(池内博之)は、現馬が7年前に携わった極秘任務「夜のとばり作戦」が今回の暗殺計画と関連しているのではないかと疑い、詳しく調べ始める。すると、麗の暗殺計画がまだ終わっていないことを示唆する“驚愕の事実”が浮かび上がり…!

公式より引用

『24JAPANジャパン』13話 感想

  • 獅童から託されているのは自分だけなんだと言う責任感と、周りにバレないように情報収集していたプレッシャーで、相当苦しんでいたんだろうなと、真実を話せた水石の表情が和らいでいたことから受け取れました。獅童の携帯電話を落としてしまったことで、迷ってしまった六花と美有を心配しましたが、獅童が現れて一安心。あとは無事にヘリまで辿り着けることを祈るのみです。
  • 『24JAPAN13話』もスリリングな内容で楽しめました。まずは、六花と美有が現馬とはぐれて携帯を落としてしまったときは、神林一味び捕まってしまうのかと思いヒヤヒヤしましたが、現馬と合流できたときはほっとしましたが、ヘリが遅れていて来ないので、早く来て欲しいと思いました。そして、CTUの部隊が到着し、救助されたときはようやくだなと思いました。そして、麗に対する上州が強気な感じなので、やはり政治の世界は怖いと思いました。
  • 獅堂から依頼したCTUの応援ヘリが到着するまでの間六花と美有が神林たちに捕まらないか本当ヒヤヒヤしましたね。特に2人が獅堂が指示したのと別の小屋に隠れていた時の田口に見つかった瞬間。あの時はもう終わったと思いましたね。あのタイミングで獅堂が撃ってくれたのは奇跡的でしたね。それと葵塔子の死にはやはり上州が絡んでいるんですかね。夕太が関与しているような言い方をしていたのも気になります。
  • 朝倉麗は過去に息子が人を殺してしまったことを公表しようと情報を持っていた友達のキャスターに直接会いに行ったのですが、脅されていた上に証拠になる資料はすべて何者かによって破棄された状態になっていることに驚きました。麗の支援団体によっておこされたことだというのがわかりましたが、どんだけ闇の深い支援団体なんだろうと思いました。
  • 敵に見つかり六花と美有の身に危険が迫る中、獅堂が現れて見事に妻子を守り切ったシーンが見応えがありました。そして、神林と獅堂の対決シーン。神林が絶対有利の状況で、獅堂がその場にある物を巧みに利用し、形成逆転するところがとても面白かったです。遂に神林を倒したものの、第2の暗殺者の存在が明らかとなりました。アンドレ・林が考える次の作戦とは一体何なのか、とても気になりました。
  • うららが警察に告発しようとしていたけど、まさかカウンセラーの葵塔子を殺したのは息子の夕太だと上州に聞かされた時はショックしかなかったと思いました。もう、総理大臣になるしかないんだと決意したようですが、周りからしむけられている感じがしました。救助ヘリが来たことで、現場と妻子が助かって良かったけど、ケガをして隠れていたはずの研がバスで逃走したことが気になりました。現馬から責任をとるように言われていたけど、研の今後の行動がどうなるのか気になりました。
  • ストーリーはとても面白かったです。現馬と離れてしまった六花と美有のピンチにもハラハラドキドキしました。テロリスト、神林との対決での銃撃戦は息を呑む様なとても迫力あるシーンでした。新たなテロリストの出現の予感もあり、今後のストーリーがどうなってゆくのかも気になります。次回も楽しみにしています。

 

~今すぐ2週間の無料お試ししてみる

ABEMA

※本ページの情報は2021年1月時点のものです。最新の配信状況はABEMAプレミアムにてご確認ください。

『24JAPANジャパン』相関図

24JAPANジャパン 相関図