スパイの妻/NHK 4K放送、見逃し動画配信は!?、第77回ベネチア国際映画祭で銀獅子賞受賞!

スパイの妻 チラシ表

戦争という時代の荒波に翻弄されながらも、自らの信念と愛を貫こうとする夫婦を蒼井優さんと髙橋一生さんが演じる。

名匠・黒沢清監督が、第77回ベネチア国際映画祭で銀獅子賞(監督賞)を受賞した話題作。

  • BSプレミアム・・4月12日(月) よる9時
  • BS4K・・・4月12日(月) よる9時

【作】濱口竜介、野原位、黒沢清 【音楽】長岡 亮介 【演出】黒沢清

『スパイの妻』キャスト

  • 福原聡子(蒼井優)
  • 福原優作(高橋一生)
  • 津森泰治(東出昌大)
  • 竹下文雄(坂東龍汰)

スパイの妻 チラシ裏

『スパイの妻』のフル動画配信サービス

『スパイの妻』の見逃し動画はU-NEXTParaviFODプレミアムで見ることができます。ただスパイの妻はどの配信サイトも見放題作品ではなくレンタル作品になります。動画配信サイトの中でもお試し無料期間が31日間と一番長いU-NEXTをお勧めいたします。

またU-MEXTはお試し期間中に600ポイント無料で使えますので、399ポイントの『スパイの妻』をポイントを使ってみることができます。もちろんお試し期間中に退会しても料金は一切かからないので、とりあえず31日間、見放題作品を存分に楽しんでくださいませ。

配信状況無料お試し期間
U-NEXT〇レンタル配信中31日間
Paravi〇レンタル配信中2週間
Hulu2週間
FODプレミアム〇レンタル配信中2週間
ABEMA14日間

※本サイトの配信情報は2021/4月現在のものです。最新の情報は各サイトにてご確認ください!

『スパイの妻』あらすじ

一九四〇年。少しずつ、戦争の足音が日本に近づいてきた頃。聡子(蒼井優)は貿易会社を営む福原優作(高橋一生)とともに、神戸で瀟洒な洋館で暮らしていた。身の回りの世話をするのは駒子(恒松祐里)と執事の金村(みのすけ)。
愛する夫とともに生きる、何不自由ない満ち足りた生活。

ある日、優作は物資を求めて満州へ渡航する。満州では野崎医師(笹野高史)から依頼された薬品も入手する予定だった。そのために赴いた先で偶然、衝撃的な国家機密を目にしてしまった優作と福原物産で働く優作の甥・竹下文雄(坂東龍汰)。二人は現地で得た証拠と共にその事実を世界に知らしめる準備を秘密裏に進めていた。

一方で、何も知らない聡子は、幼馴染でもある神戸憲兵分隊本部の分隊長・津森泰治(東出昌大)に呼び出される。
「優作さんが満州から連れ帰ってきた草壁弘子(玄理)という女性が先日亡くなりました。ご存知ですか?」

今まで通りの穏やかで幸福な生活が崩れていく不安。存在すら知らない女をめぐって渦巻く嫉妬。優作が隠していることとは――?聡子はある決意を胸に、行動に出る……。

公式より引用

U-NEXTまとめ

月額料金2,189円(税込)
配信数210000本以上
無料お試しトライアル31日間
画質フルHD画質
同時視聴4台まで

U-NEXTは日本最大級の動画サービスです。映画、ドラマ、アニメなど210,000本配信!※見放題作品190,000本、レンタル作品20,000本(2020年7月時点)

『スパイの妻』ネットの感想抜粋

黒沢清監督作品はいくつも見ましたがどれも肌に合いませんでした。しかしこの作品はこういう方法でメッセージを使えることもできるのかと驚くとともに、サスペンスフルなストーリーを楽しめます。お勧め映画です。

多くのメディアの中で不可視化させられていた女性という真実、人間としてとっくの昔に屹立していた女性を発見することができた。「ドレミファ娘〜」や「叫」などで監督の作品に心打たれている私にとっては、このイデオロギー的な感情反応は新鮮なものだった。新たに黒沢清監督を再発見した気もした。タイトルや台詞まわしなどに違和感を憶えたのは私だけだろうか。

画面というか、うつし方?がすごくきれいでした。最後にはハッと驚かされました。とても面白かったです。

主演二人の演技が素晴らしい。

一部の感想で、印象操作で日本人を歪めているとの難癖がつけられていたが、それこそ歴史的事実を歪め、印象操作と称して日本人の醜さを誤魔化す醜悪さを感じる。産経新聞の展開する「歴史戦」という語句と同じ歪な精神性だ

映像が色調を抑えた中にステンドグラスの色が映える。一瞬フェルメールの絵画をイメージする。カメラはあまり動かない。おそらくこの監督小津や成瀬の映画を見まくっている。黒沢は黒沢でも明の映像とはまるで違う。小津と言えば原節子、この聡子という役は昔の女優なら原が一番だろう。私見だが、この監督そんなところまで思いながらこの映画を作っている。後半「河内山宗俊」(山中貞雄監督)のフィルムが出てくるが、この映画1935年製作で15歳の原節子が出演している。本人に聞いてみないと分からないがおそらくそうだ。ラストは内容が内容だけにあのような感じで終わるのがベスト、おそらくこの映画で一番印象に残る映像はラストであろう。自分にしか分からない映画ってのを作れる映画監督の仕事というのはかなり面白そうだ。いずれにしても、映像にしろ、脚本にしろ、たいして考えていない大雑把な日本映画が多い中よく考え、頭を使いながら作られた映画だと思う。ただ何回も観たくなる映画ではない。映像だけでも見る価値あり。

スパイの妻の命運をこの時代に託して描いたこの作品、最後にたどり着く風景と心情が見事に描かれるラストでした。素晴らしいです。

『スパイの妻』作品情報

すべての国民が同じ方向を向くことを強いられていた太平洋戦争開戦間近の日本。正義を貫くためには、誰かを陥れなければならない。愛を貫くためには、誰かを裏切らなければならない。正義、欺瞞、裏切り、信頼、嫉妬、幸福。相反するものに揺られながら、抗えない時勢に夫婦の運命は飲まれていく。昭和初期の日本を舞台に、愛と正義を賭けた、超一級のミステリーエンタテインメントが誕生した。

世界中に熱狂的なファンを持つ映画監督、黒沢清が『スパイの妻』で歴史の闇に初めて挑んだ。ロケ地、衣裳、美術、台詞回し、すべてにこだわり、描き出した疑心暗鬼渦巻く狂乱の時代。脚本を手掛けたのは黒沢自身と濱口竜介(『寝ても覚めても』)、野原位(『ハッピーアワー』脚本)。3人が結合することで生まれた化学反応に目を見張る。

音楽を担当したのは、「ペトロールズ」のリードボーカル&ギターであり、浮雲名義でロックバンド「東京事変」のギタリストとしても活動している長岡亮介。本作で映画音楽を初めて手掛け、映画世界の奥行きを広げた。そして、安宅紀史が美術、纐纈春樹が衣裳を担い、美しくもリアリティのある昭和初期世界観を鮮やかに再現している。

日本を代表する才能が集結した本作は、第77回ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門に選出された。主演は日本アカデミー賞をはじめ、数々の受賞歴を誇る、実力派女優・蒼井優。儚げでいて芯の強さを持ち、狂気にも近い想いを持って夫を愛し抜く聡子を圧倒的な存在感で演じている。『ロマンスドール』に続き蒼井と夫婦を演じるのは高橋一生。スリーピースに身を包み、聡明で正義の遂行のためには手段を選ばぬ優作を魅力的に体現した。 公式より引用

関連記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

ランキング

  1. 1

    純平、考え直せ! 野村周平×柳ゆり菜のベッドシーンがすごい。あらすじネタバレからラスト結末は?

  2. 2

    《湯を沸かすほどの熱い愛》最後の火葬に足が!いきなりビンタの理由は?

  3. 3

    氷の微笑~べス(ジーン・トリプルホーン)までがなぜ??あらすじ、ネタバレ結末!

  4. 4

    私の頭の中の消しゴムのあらすじとラスト!これ実話なの?

  5. 5

    しろときいろ 〜ハワイと私のパンケーキ物語〜最終回!相関図。

  6. 6

    日本統一29~あらすじ、ネタバレ、結末。そして気になる氷室と棟方の関係は?馬場は敵?味方?

  7. 7

    リバーズ・エッジの意味は?(二階堂 ふみ 全裸)興行収入や年齢制限は?あらすじ結末!

  8. 8

    《私の男》あらすじ、結末!二階堂 ふみ×浅野 忠信の濡れ場あり!

  9. 9

    海底47mでケイトは死んだの死んでないの?ケージがあっても酸素が無い!傑作サメ映画のネタバレ!

  10. 10

    映画『火口のふたり』~あらすじ、ネタバレ、結末、感想。無料動画情報!

TOP